中野レンガ坂カイロプラクティック・整骨院
メニュー
お問い合わせボタン
head-img head-img-sp

在宅ワーク疲れ

こんにちは!

長時間のデスクワークは苦手な野村です。

秋の気配を少しだけ感じるようになってきましたが、台風などの影響で蒸し暑い日が続いていますね。

春先から続くリモートワークで家にいる時間が長くなり、首、肩、腰がつらいという方が増えているようです。

私も、長く座りっぱなしというのは、血流が悪くなり、体が固まってくる感じがするのであまり得意ではありません。

動かないことは、体にとってどんな影響があるのでしょうか。

座る時間世界一?!

実は日本人は世界で一番座っている時間が長いそうです。驚きですね。

長時間座りっぱなしでいることで血行が低下し、様々な代謝が低下します。体重の増加やそれに伴う糖尿などの病気、さらにはがん、脳血管疾患、認知症などが増加してしまいます。

研究では、1日8時間以上座っている人は、 3時間未満の人と比べて、死亡リスクが1.2倍になるそうです。

さらに、1日12時間以上座っている人は、6時間未満の人と比べて、精神的に病んでしまう割合が3倍も多いこともわかっているそうです。

 そして、肩こり、腰痛を中心に各関節の痛みに悩むことになります。

WHOも座りっぱなしに注意するよう、警鐘を鳴らしているようです。

こまめに動かそう

これを解消するためには、30分から1時間に1度は立ち上がり、5分でいいので歩き回ったり、軽い体操をするようにしましょう。

週末にまとめて、という方も多いと思いますが、それだけでは効果が薄いようです。

そして正しい姿勢で座り、水分の補給も忘れないようにしましょう。

ページトップに戻る